福島県

  • No.
    曲目
    収録CD
    試聴
    ご購入
  • 024-1
    会津磐梯山  福島県   会津磐梯山(福島県民謡 編曲:上領亘)

    ハァ ヨイショ

    エイヤー会津磐梯山は宝の山よ
    笹に黄金が エーマタなりさがる

    エイヤー東山から日にちの便り
    行かざなるまい エーマタ 顔見せに

    *おはら庄助さん なんで身上つぶした
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした
    ハァもっともだ もっともだ
    おはら庄助さん なんで身上つぶした
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした
    ハァもっともだ もっともだ

    エイヤー北は磐梯 南は湖水
    中に浮き立つ エーマタ 翁島

    エイヤー踊り踊らばしなよく踊れ
    しなのよい娘をエーマタ 嫁にする

    おはら庄助さん なんで身上つぶした
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした
    ハァもっともだ もっともだ

    エイヤー会津盆地の緑の夏よ
    風もほがらに エーマタ 鶴ヶ城

    エイヤー会津磐梯山は宝の山よ
    笹に黄金が エーマタ なりさがる

    *繰り返し
    02
  • 024-2
    会津磐梯山〜ほまれVer.〜  福島県
  • 024-3
    会津磐梯山〜寿Ver.〜  福島県   会津磐梯山~寿Ver.~(福島県民謡 編曲:上領亘)

    エイヤー会津磐梯山は宝の山よ(ハァ ヨイトーヨイトー)
    笹に黄金が エーマタなりさがる(チョイサーチョイサ)
    ※以下お囃子省略

    エイヤー東山から日にちの便り 
    行かざなるまい エーマタ 顔見せに

    おはら庄助さん なんで身上つぶした
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした
    ハァもっともだ もっともだ
    おはら庄助さん なんで身上つぶした
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした
    おはら庄助さん なんで身上つぶした
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした
    ハァもっともだ もっともだ

    エイヤー北は磐梯 南は湖水 
    中に浮き立つ エーマタ 翁島

    エイヤー会津盆地の緑の夏よ 
    風もほがらに エーマタ 鶴ヶ城

    エイヤー会津磐梯山は宝の山よ
    笹に黄金が エーマタなりさがる

    ========
    篠笛・お囃子:ミカド香奈子
    津軽三味線:寂空-Jack-
    04
  • 024-4
    会津磐梯山〜喝祭きたかたVer.〜  福島県   会津磐梯山~喝祭きたかたVer.~
    (福島県民謡 補作詞:若狭さち 編曲:上領亘)

    エイヤー会津磐梯山は 宝の山よ(ハァヨイトーヨイトー)
    笹に黄金が エーマタ なりさがる(チョイサーチョイサ)
    (※以下唄ばやし略)

    エイヤー東山から 日にちの便り
    行かざなるまい エーマタ 顔見せに

    小原庄助さん なんで身上つぶした
    朝寝朝酒 朝湯が大好きで 
    それで身上つぶした ハァ もっともだ もっともだ

    エイヤー北は磐梯 南は湖水
    中に浮き立つ エーマタ 翁島

    エイヤー踊り踊らば しなよく踊れ
    しなのよい娘をエーマタ嫁にする

    おはら庄助さん なんで身上つぶした
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで 
    それで身上つぶした ハァもっともだ もっともだ

    エイヤー会津盆地の緑の夏よ
    風もほがらに エーマタ 鶴ヶ城…

    さあ、咲き誇れ 八重の花たちよ 
    白虎の魂を宿すものたちよ
    さあ、根を張り 声を上げ 響かせよ 熱き想いを

    *小原庄助さん なんで身上つぶした
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上つぶした
    ハァもっともだ もっともだ
    (*繰り返し)

    ハァヨイトーヨイトー
    ==========
    津軽三味線:寂空-Jack-
    お囃子:ミカド香奈子
    Manipulator:小林秀行
    Mixed by CROW(白石元久+上領亘)
  • 024-5
    磐梯町の会津磐梯山  福島県   磐梯町の会津磐梯山
    (作詞:磐梯町&若狭さち 編曲:上領亘)

    エンヤー 会津磐梯山は 宝の山よ(ハァヨイトーヨイト)
    笹に黄金が エーマタ なりさがる(チョイサーチョイサ)
    ※以下お囃子省略

    エンヤー 会津磐梯町ゃ 歴史の里よ
    徳一菩薩も エーマタ 惚れたとこ

    徳一大師さん なんで磐梯選んだ 
    土地よし人よし 磐梯山があるからさ 
    それで磐梯選んだ ハァ モットモダーモットモダ 
    モットモダーモットモダ モットモダーモットモダー

    エンヤー 慧日寺よいとこ 一度はおいで
    磐梯枕に エーマタ 花が咲く

    エンヤー 会津磐梯町ゃ 住み良い町よ
    米にお酒に エーマタ そば処

    小原庄助さん おらほの酒はうんめぇぞ 
    名水百選 龍ヶ沢に不動滝 
    煌く稲穂の嶺の里 ハァ モットモダーモットモダ
    モットモダーモットモダ モットモダーモットモダー

    エンヤー 長い冬から目覚めた里に
    赤枝彼岸獅子 エーマタ 幸を呼ぶ

    エンヤー 会津磐梯町ゃ 宝の町よ
    水は龍ヶ沢 エーマタ 日本一

    おらが磐梯へ 皆さん来らんしょ あいばんしょ
    トマト 蜂蜜 法正尻のほうれん草
    それに名高い慧日寺へ ハァ よってがせ よってがせ
    おらが磐梯へ 皆さん来てみてくなんしょ
    磐梯神社の舟引き祭りと巫女舞に
    明神太鼓で福来る ハァ モットモダーモットモダ
    モットモダーモットモダ モットモダーモットモダー!

    -----------------------
    Drums&太鼓:上領亘
    篠笛:ミカド香奈子
    津軽三味線:中原正人
    Electric Guitar:夢時
    Mix:CROW(上領亘+白石元久)
  • 024-6
    磐梯町の会津磐梯山II  New  福島県   Vo.若狭の故郷、福島県磐梯町のPRのため町民から募集した歌詞を元にNeoBalladが制作した完全オリジナルの会津磐梯山。今作はストリングスと篠笛、三味線、太鼓を取り入れ、昔懐かしい盆踊りの雰囲気とともに四季折々の美しい磐梯町をイメージして制作。
    ーーーーーーーーーーー
    磐梯町の会津磐梯山II
    (作詞:磐梯町 補作詞:若狭さち 編曲:上領亘)

    ハァ ヨイショ

    イーヤー 会津磐梯山は 宝の山よ(ハァヨイトーヨイト)
    笹に黄金が エーマタ なりさがる(チョイサーチョイサ)
    ※以下お囃子省略

    イーヤー 会津磐梯町ゃ 歴史の里よ
    徳一菩薩も エーマタ 惚れたとこ

    小原庄助さん なんで身上潰した
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上潰した 
    ハァ モットモダーモットモダー

    イーヤー 慧日寺よいとこ 一度はおいで
    磐梯枕に エーマタ 花が咲く

    イーヤー 会津磐梯町ゃ 住み良い町よ
    米にお酒に エーマタ そば処

    イーヤー 長い冬から目覚めた里に
    赤枝彼岸獅子 エーマタ 幸を呼ぶ

    イーヤー 会津磐梯町ゃ 宝の町よ
    水は龍ヶ沢 エーマタ 日本一

    小原庄助さん なんで身上潰した
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上潰した 
    小原庄助さん なんで身上潰した
    朝寝 朝酒 朝湯が大好きで それで身上潰した 
    ハァ モットモダーモットモダー

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    和太鼓:上領亘
    篠笛&お囃子:ミカド香奈子
    津軽三味線:中原正人
    Violine&Viola:あさいまり
    Mix:CROW(上領亘+白石元久)
  • 027-1
    相馬盆唄  盆踊り唄 福島県   相馬盆唄
    (福島県民謡 編曲:上領亘)

    ハ ヨイヨイヨーイトナー

    ハアーイヨー 今年ゃ豊年だヨ 
    穂に穂が咲いてヨー
    ハーアー 道の小草にも 
    ヤレサナー米がなるヨー
    (ハ ヨイヨイヨーイトナー コラショット)
    ※以下お囃子省略

    ハアーイヨー 道の小草に
    米なるときはヨー
    ハーアー 山の木萱に 
    ヤレサナー金がなるヨー

    ハアーイヨー 揃た揃たヨ
    踊り子が揃たヨー
    ハーアー 秋の出穂より 
    ヤレサナーよく揃たヨー

    *1番繰り返し
    02
  • 032-1
    新相馬節  福島県   新相馬節(福島県民謡 編曲:上領亘)

    ハアー 遥か彼方は相馬の空かヨ
    ナンダーコラヨート (ハ チョーイチョイ)
    相馬恋しや懐かしや ナンダーコラヨート(ハ チョーイチョイ)

    ハアー ほろり涙で風呂たく嫁ごヨ
    ナンダーコラヨート (ハ チョーイチョイ)
    煙いばかりじゃないらしい ナンダーコラヨート (ハ チョーイチョイ)

    ハアー 待つ夜の長さを四五尺つめてヨ
    ナンダーコラヨート (ハ チョーイチョイ)
    逢うたその夜にのばしたい ナンダーコラヨート (ハ チョーイチョイ)
    03
  • 059-1
    四ツ倉音頭  盆踊り唄 福島県   四ツ倉音頭(福島県いわき市四倉地区盆踊り唄)
    作詞:東条寿三郎 作曲:吉田矢建治 編曲:上領亘)

    ハアー一度来てみな 話の種に
    おらが自慢の 観光道路
    えーぞ えーぞ四ツ倉ざんぶりこ
    波がタワシ持って ねえ吹いている

    ハアー 海で泳げば 疲れもでましょ
    夜の舞子にゃ 是非おいで
    えーぞ えーぞ四ツ倉ざんぶりこ
    松の座敷を ねえ空けておく

    ハアー イワキ工場の工員さんは
    粋で勇せでオシャレもの
    えーぞ えーぞ四ツ倉ざんぶりこ
    セメン(ト)溶かして ねえ化粧する

    ハアー 恋の潮風 たもとに入れて
    誰に出会いに 行ったやら
    えーぞ えーぞ四ツ倉ざんぶりこ
    砂に二の字の ねえ下駄のあと

    骨のねェのは タコ ナマコ
    味のえェのはカツオ アンコ(ウ) マグロ タイ
    選って切って 煮て焼いて喰わしゃんせ

    ハアー 船の上から 薬師様見たら
    湯気の立つ程 踊ってる
    えーぞ えーぞ四ツ倉ざんぶりこ
    晩にゃ来いよと ねえ手招した

    ハアー 塩屋崎から 便りはきたが
    心迷わす 主の筆
    えーぞ えーぞ四ツ倉ざんぶりこ
    読むに読めずに ねえ胸やいた

    ハアー 今の汽笛は 上りか下り
    ほんに気になる あの千鳥
    えーぞ えーぞ四ツ倉ざんぶりこ
    月の松原 ねえ泣いてくる

    骨のねェのは タコ ナマコ
    味のえェのはカツオ アンコ(ウ) マグロ タイ
    選って切って 煮て焼いて喰わしゃんせ
  • 060-1
    三春甚句(三春盆唄)  福島県   三春甚句(福島民謡)編曲:上領亘

    サンヤー私ゃ三春町 (ハ ヨイヨイ)
    五万石育ち (チョイサット)
    サンヤーお国自慢の(ハ ヨイヨイ)
    アラホンニナー盆踊り (チョイサー チョイサ)

    サンヤー月の灯りに(ハ ヨイヨイ)
    山道越えて(チョイサット)
    サンヤー唄で三春に(ハ ヨイヨイ)
    アラホンニナー駒買いに(チョイサー チョイサ)

    サンヤー晴れた夜空に(ハ ヨイヨイ)
    太鼓が響く(チョイサット)
    サンヤー三春娘の(ハ ヨイヨイ)
    アラホンニナー盆踊り(チョイサー チョイサ)

    サンヤー奥州三春の(ハ ヨイヨイ) 
    梅桃桜(チョイサット)
    サンヤー咲いてあなたの(ハ ヨイヨイ)
    アラホンニナー胸に咲く(チョイサー チョイサ)
  • 061-1
    常磐炭坑節  福島県 茨城県   常磐炭坑節(茨城県・福島県民謡 編曲:上領亘)

    ハァー朝も早よからヨ カンテラ下げてナイ(ハ ヤロヤッタナイ)
    坑内通いもヨードント 主のためナイ(ハ ヤロヤッタナイ)
    (※以下唄ばやし略)
                                                  
    ハァー遠く離れてヨ 逢いたいときはナイ
    月が鏡とヨードント なればよいナイ

    ハァー逢えばさほどのヨ 話もないがナイ 
    逢わなきゃその日がヨードント 過ごされぬナイ

    ハァーおらが炭坑でヨ 見せたいものはナイ
    男純情とヨードント よい女ナイ

    ハァーおらが炭坑にヨ 一度はござれナイ
    義理と人情のヨードント 花が咲くナイ

    ハァー義理と人情のヨ 花咲くときはナイ 
    炭坑通いはヨードント やめられぬナイ

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    Bass:村井研次郎(cali≠gari)
    お囃子:ミカド香奈子
  • 079-1
    会津餅つき唄  福島県   会津餅つき唄(福島県民謡 編曲:上領亘)

    (サーヨイヨイヨイサ)
    めでためでたの この餅つきは
    鶴と亀とが ヤレ舞い遊ぶ
    「ハ 隣で餅つくオレ呼ばね 何事あってもオラかまね」

    お前百までわしゃ九十九まで
    共に白髪のヤレ生えるまで
    「ハ 鍋釜売っても良い嬶(かか)求めろ 良い嬶求めりゃ一生の宝だ」

    めでた嬉しや 思うこと叶うた
    天の岩戸も ヤレ押し開く
    サーヨイヨイヨイサ ヨイヨイヨイサ ヨイヨイヨイサー